カイロプラクティックの歴史 D.D.Palmer

カイロプラクティックは、1895年に当時自然療法を行っていたD.D.Palmer(ダニエル デビット パーマー)により誕生しました.

ある日、パーマーは、外でサイレンが鳴り響く夜、その音に無反応なビルの清掃員と出会いました。彼は、17年前に背中を痛めた事、そしてその時に聴覚を失なった事をパーマーに話しました。パーマーは、背中を痛めた事と、聴力を失った事は関係していると説明し、彼の背骨を触診しました。すると、背骨の一部が出ているのを発見。彼の承諾を得て、その骨を元の位置に戻すように数回押してみると、その隆起が、少し良くなり、彼の聴力が戻ったそうです。彼の聴力は2回の治療でほぼ完璧に戻ったそうです。


“I was deaf 17 years and I expected to always remain so, for I had doctored a great deal without any benefit. I had long ago made up my mind to not take any more ear treatments, for it did me no good. Last January Dr. Palmer told me that my deafness came from an injury in my spine. This was new to me; but it is a fact that my back was injured at the time I went deaf. Dr. Palmer treated me on the spine; in two treatments I could hear quite well. That was eight months ago. My hearing remains good.” Harvey Lillard, 320 W. Eleventh St., Davenport, Iowa, (Palmer 1897).


この事を切っ掛けに背骨の歪み、神経の流れ、病症の関係の研究を積み重ねて、現代のカイロプラクティックが確立しました。